葬儀・相続のススメ

「葬儀・相続のススメへ」ようこそ

葬儀・相続案内人

葬儀・相続のススメでは、近親者がなくなった際に必要となる葬儀や相続に関する役立つ情報を掲載しています。
最近非常に稀ですが生前に自分の葬儀の計画を立てる方もいますが、ほとんどの方は葬儀の当事者となった場合にはあわててしまうことと思います。

 

私自身も身内の葬儀を突然行うことになり、大変あわてたことを思い出します。
葬儀を行ったことがある方は別として、葬儀屋さんでもない限り突然の不幸に迅速に対応できる方は少ないことでしょう。

 

残念な話ですが、そのようなあわてた状況の中で冷静に判断することが難しいことから、葬儀会社の言うままに葬儀を行ったら高額な葬儀代金を支払うことになったという話を聞いたことがあります。
このようなことがないように、少しでも葬儀に関する知識を得ておく必要があると考えます。
他にも葬儀に参列する際のマナーや葬儀に関して生前にできること、相続に関してなどの情報も掲載しておりますので併せてお役立てください。

 

またお近くの葬儀社を探す際に役立つ葬儀社の情報も紹介しています。
葬儀を行うこととなる場合のほとんどは、ゆっくりと葬儀社を選んでいる余裕はありません。

 

しかし、葬儀社を選ぶにあたって費用はもちろん重要なものとなりますが、亡くなられた故人と最後の別れをゆっくり行うことができる環境を作り出してくれる葬儀社を選ぶことも重要なポイントと考えます。
私自身も経験したことですが、葬儀の準備等に忙殺されて故人との最後の別れをゆっくり行うことができませんでした。
葬儀社によって提供するサービスは異なりますので、遺族側の気持ちを理解してくれる信頼できる葬儀社を選びたいものです。

葬儀・葬式後にすること

葬儀・葬式のマナー|遺族・故人・香典・服装

葬儀相続案内人

「葬儀・葬式のマナー|遺族・故人・香典・服装」サイトは、お通夜や葬儀・告別式に参列する際に遺族に対して失礼のないようにキチンとした葬儀のマナーを理解するためのサイトです。
お通夜や葬儀・告別式といったものは葬儀社の方を除いて多くを経験するものではありません。
それだけにマナーというものを理解している方は多くないことでしょう。

 

しかし、お通夜、葬儀・告別式という特別な場において、マナーを知らないがために遺族に対して礼を失するようなことはあってはなりませんので、当サイトの情報を利用して安心して参列してください。
また、自分の死に対して生前に準備する方も増えてきています。そこで生前準備に関する情報も提供しておりますので併せてお役立てください。

葬儀・葬式のマナー

相続人とは|順位は?範囲は?法定?推定?

葬儀相続案内人

「相続人とは|順位は?範囲は?法定?推定?」サイトは、相続が確定した後に必要な手続きを紹介しているお役立ち情報サイトです。
相続が確定したら、亡くなった方の名義のままにしておくと様々な問題を惹き起こす可能性がありますので、速やかに名義変更等の手続きを行う必要があります。
名義変更等の手続きには、自ら行うことができる簡単なものもありますが、不動産所有者の変更である所有権変更登記といったものは専門家に任せる必要があると考えます。
また、相続とはどのようなものか漠然と理解はしているが詳細なことはわからない方がほとんどでしょうから、相続全般について紹介しています。

相続人とは

相続税とは|計算・基礎控除・財産・評価

葬儀相続案内人

「相続税とは|計算・基礎控除・財産・評価」サイトでは、相続が確定した後に相続税支払いの対象となった方に役立つ情報サイトです。
相続税支払いの対象となった場合には、相続開始の日の翌日から10ヶ月以内に支払わなければならないと法律で決められています。
相続に関して何も問題がない場合には10ヶ月という期間は長いですが、とかく相続というものには問題が付き物です。
相続において問題が発生してしまった場合には、10ヶ月という期間は決して長くはありません。
相続が確定し一段落しても、相続税の支払いにまた頭を悩ませるかもしれません。このようなことを少しでも軽減するために、相続税についての知識を深めておきましょう。

相続税とは

遺言書の書き方|無効・検認・効力・書式・文例

葬儀相続案内人

「遺言書の書き方|無効・検認・効力・書式・文例」サイトでは、遺言を理解するために必要な情報を提供しているサイトです。
遺言を作成する目的には様々なものがありますが、一番は自分がなくなった後に相続によるトラブルを避けたいという気持ちがあるからと考えます。
「自分には財産なんて無いから関係ない」と考える方もいるかもしれませんが、本当に財産は無いのでしょうか?
土地や建物といった不動産や株式、多額の現金といったものばかりを財産というわけではありません。どのような物であっても、自分が所有者であれば立派な財産です。
財産がある限り相続トラブルの可能性はあります。実際に相続した際に様々な問題やトラブルを経験したことから遺言の重要性を認識したので、他人事ではなく自分や家族の問題として当サイトを利用してください。
また、葬儀に関連した役立つ情報も併せて掲載していますのでお役立てください。

遺言書の書き方

葬式・葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方

葬式・葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方

「今すぐに葬儀の正しい出し方を知りたい・・・」

「喪家として何をどうするかわかりやすく教えて欲しい・・・」
「お布施や戒名のことを具体的に知りたい・・・」
「費用を抑える方法や葬儀費用をもらえる方法を知りたい・・・」
「良い葬儀社の見分け方知りたい・・・」
と考えていませんか?

 

今すぐに正しい葬儀の出し方を知って、上手に葬儀を出す方法があります。
平均5万円の申請しないともらえない葬儀費用の貰い方はもちろん、葬儀費用を抑えるコツ、葬儀社と上手に打ち合わせる方法、葬儀のポイント、お布施や戒名まで、葬儀社の真の情報を公開します。

葬式・葬儀費用を抑えた上手な葬儀の出し方

『相続・遺言』対策マニュアル

『相続・遺言』対策マニュアル

突然の親の死、その後に始まる相続・・・相続には思わぬ「落とし穴」があります。

親がまだ住んでいる家、どう分ければよいのか?介護や多額の生前贈与がある場合はどうしたらいいのか?そもそも相続について手続きはどうすればいいのか?相続人同士でどのように遺産分割の協議を進めたらいいのか?不動産の名義が亡くなった親のままだ… 相続登記っていくら費用がかかるのか? 相続人がどこにいるかわからない…

 

「うちはそれほどの財産はないから」 「相続税はかからないから」 それだけで、相続の問題は大丈夫などと考えてはいませんか?

『相続・遺言』対策マニュアル

現役葬祭ディレクターが指南!「葬儀辞典」

現役葬祭ディレクターが指南!「葬儀辞典」

こんな参考書が欲しかった!葬儀に関する不安や疑問を解決するサポートマニュアル。それが葬儀辞典。

 

もしあなたが、これからの葬儀に不安を感じていたら・・・
平均250万円〜300万円と言われている葬儀費用を節約できるとしたら・・・
葬儀について葬儀社同様の知識を得られることができるとしたら・・・

 

今の葬儀って高いと思いませんか?葬儀にはたくさんのお金がかかると思っていませんか?あなたやあなたのご家族には、葬儀後の生活があることも忘れてはいけません!

 

誰もが愛する人や、愛するご家族を失った時に必ず行う事。それが「葬儀」というものです。しかし葬儀を行うという事は簡単ではない事です。非日常的な事やその時の精神状態、また葬儀を行おうとしても何から手をつければいいのかわからない・・・。様々な試練を乗り越えて、初めて葬儀を行う事ができるのです。

現役葬祭ディレクターが指南!「葬儀辞典」